発砲せず口で「バーン」と言うイギリス海軍(笑)

■口頭による銃声を採用したイギリス海軍

(2000年 イグノーベル平和賞)

 

images

■受賞した団体

イギリス海軍

 

 

■受賞理由

イギリス海軍では、予算の節約のため海軍砲術学校の訓練生が訓練を行うに当り、実弾の代わりに口頭で「バーン」と叫ぶ訓練を行っています。この行為は世界の平和と静寂におおいに貢献したためイグノーベル賞が授与されました。

 

■イグノーベル賞の授与にあたって

イギリス国防省の発表では、この訓練によって3年間で約500万ポンドの予算節減が出来るとなっています。しかし実際に訓練を行う訓練生にとっては恥ずかしい気持ちが少なからずあることでしょう。

 

今回の受賞はあくまで砲弾の号砲の擬音化であり、銃を使った訓練では行われていません。さすがに陸軍の戦闘訓練が「バーン」「バンバン」ではあまりにも悲惨です。

 

ちなみに、ドイツも同じような擬音化訓練を行っていると主張し、ドイツ国民からドイツとイギリスの共同受賞とするべきとのクレームが授賞式の1週間前にあったそうです。

 
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です