歓喜についての実験でイグノーベル心理学賞

■歓喜についての学術的分析
(2001年 イグノーベル心理学賞)

071

 

■受賞した人
ローレンス・シャーマン教授(マイアミ大学)

 

■研究内容

最も陽気な「歓喜」の観察が期待できるグループ、それは幼稚園児のグループである、とシャーマン教授は考えていました。

 

喜びに満ちた「絶叫」「笑い」「熱情的身体活動」、これらが組み合わさることで起こる「集団歓喜」という現象を研究するために、シャーマン教授は幼稚園児の様子を録画した596本分ものビデオテープを用い、分析を行ったのです。

 

そも「歓喜」について研究している人間は他にはおらず、シャーマン教授は初の「歓喜を研究し、記録し、分析した」科学者でした。

 

例えば、歓喜には伝染性があるのか。それとも、同時発生…シグナルがあれば時間差もなく爆発的に発生するものなのだろうか。歓喜の持続時間は?…こういった問題点をシャーマン教授はリストアップし、録画したデータを見て分析していったのです。

 

その結果、シャーマン教授は歓喜を誘発する14もの要素を特定し、更に歓喜が平均して発生する頻度や、持続時間、また一般的に行われる歓喜の表現方法なども解明したのでした。

 

集団歓喜とうい言葉ですが、最近の日本のテレビのお笑いブームにも当てはまる部分があると思います。俗にいう「一発屋」といわれる芸人が急にテレビに出てきたと思ったら、日本中彼ら一色に染まります。そしてすぐに沈静化して忘れ去られていきます。

 

流行らせるために幼稚園児にも分かりやすい(?)ギャグが一番手っ取り早いのでしょうか。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です