巨大都市と名門銀行を破滅させた2人にイグノーベル経済学賞

■オレンジ郡を搾り取った男/ベアリングス銀行を破産させた男
(1995年 イグノーベル経済学賞)

039

■受賞した人
ニック・リーソン(ベアリングス銀行)
ロバート・シトロン(カリフォルニア州オレンジ郡)

 

■受賞理由
デリバティブ、と呼ばれる金融派生商品を利用し、他人の資金をも利用して、ロバートは当時アメリカで最も裕福な都市だったオレンジ郡を突然破綻に追い込みました。同時期にニックもまた、イギリス最古の銀行の一つであったベアリングス銀行を倒産させました。これらの偉業を称え、2人に1995年イグノーベル経済学賞が贈られました。

 

■イグノーベル経済学賞までの道のり
オレンジ郡と聞くとオレンジ栽培をやっているのどかな田舎町を連想する人がほとんどだと思います。実はアメリカの郡と日本の郡とは基本的に違うものなのです。このオレンジ郡、人口が300万人を超える超巨大都市で、アメリカでも屈指の人口の多い都市です。またディズニーランドも存在し多数の観光客で潤っており、とても裕福な都市でした。

 

そのオレンジ郡が破綻したとなると、とんでもない規模の破綻です。日本で例えるなら、いきなり名古屋市が破綻したようなものでしょうか。(微妙に違うかもしれませんが、規模で言うとそんな感じです。)

 

また、同じく破綻したベアリングス銀行は1762年に創設され、英国王室御用達となり女王陛下の銀行とまで称えられたイギリスの名門銀行です。

 

2人は一時期「天才投資家」として名を馳せた頃があり、それにより生じた自身への過信が招いた結果だったのではないか、との見方も出ています。事実、2人はその大成功をした時期、それぞれオレンジ郡とベアリングス銀行とに莫大な利益をもたらしており、周囲もそんな2人を信頼し(すぎて)、少しのリスクは看過していたのでしょう。

 

デリバティブ(金融派生商品)と呼ばれる投資の失敗で何千億円もの損失を出してしまいます。突然財政破綻したオレンジ郡と、突然倒産したベアリングス銀行の人々は、ただただ驚いていたと言います。

 

それも、財務担当者や経営幹部は、誰1人として金融派生商品取引のメカニズムを理解していなかったとのことですから、その驚きもまた当然のものだったのでしょう。

 

まさにグリード(強欲)が招いた破綻だと言えそうです。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です