金は運命をも支配することを実証したことにイグノーベル経済学賞

 

■金は人の運命さえも支配していることの実証

2001年 イグノーベル経済学賞)

31640_original

 

■受賞した人

ジョエル・スレムロッド教授(ミシガン大学ビジネススクール)

ウォジェック・コプチャック教授(ブリティッシュ・コロンビア大学)

 

■研究内容

「人間の人生は万事カネに左右される。己の死でさえも」…そんな世知辛いことを実証した2人の教授がいました。その実証方法とは相続税率の低下に延命効果があるかどうかを調べるものでした。

 

スレムロッド教授はミシガン大学税政策研究所の所長でもあり、おおまかな調査方法はすぐに見当をつけていたのだそうです。

 

教え子であるコプチャック教授の協力を得て、スレムロッド教授は過去100年分の納税記録を精密に調べていきました。

 

「人間とは合理的な判断を下し、冷静で利己的な思考に基づいて行動するものである」と、経済学者は信じたがるものなのだそうです。「ほんとにそうかな」と内心では疑問を抱えながら。

 

スレムロッド教授もまたそんな疑問を抱える経済学者の1人で、「人間は、死のタイミングですら、合理的な決定によって左右されるものなのか?」という疑問をよく投げかけていました。

 

この相続税というものは政治の圧力に左右されやすい税制であり、2人の教授の生活・仕事の拠点であるアメリカでは頻繁な税率改定が行われています。現に共和党ブッシュ政権下では(富裕層支持者多数)相続税の廃止が行われましたが、民主党ブッシュ政権下では(貧困層支持者多数)大幅な相続税の見直しが行われました。

 

わが国、社会主義国家日本でも懲罰的ともいえる相続税によってたくさんの人々が苦しめられています。

この二人の調査の結果、人間は税率が下がる年度まで生き延びようとすることが分かったのです。「遺族が相続税の負担を軽くするため、日にちをずらして虚偽の死亡届を提出した可能性」もあるため、この結果の完璧な裏づけは出来ないのだと教授は話します。

 

しかし相続税の低下による延命効果を実証したことを称え、二人はイグノーベル経済学賞を受賞したのでした。

 

ちなみに、相続税の無い国というのも沢山あります。ある意味、相続税のタックスヘイブンですね。その国の国民になれば無税・・・、うーん難しい問題ですね。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です